夜の世界

わたしは、19歳の時は、激動の年でした。そして、女の厄年19歳、モロに当たった、と思います。

 

美術系予備校を半年で辞めて、それからは堕落・転落、でした。

イリーガルな薬物に手を出したり、どんな男とも寝たり。

全てが、ぐちゃぐちゃで、壊れていました。

 

「わたしにはもう、持っているものも、大切にしているものも、無い」

 

そう思ったわたしは、すすきののキャバクラ嬢になりました。

ここでひとつ、言っておくのが、「すすきののキャバクラ」は、全国的に見ても、異質である、というところです。

 

いわゆる「セクシーキャバクラ」という業者です。

 

わたしが入ったお店は、海のイメージの店でした。一度、ロッカー室で、パンツのみ、ブラジャー無し、という体になり、そしてその体に、パレオという布を巻きつけます。足には、適当なミュールサンダルを履きます。

 

そこは「ソフトキャバクラ」と呼ばれていました。ここも、すすきの独自のワードです。

ソフトキャバクラなので、ちょっとおっぱいを触らせて、揉ませて、というサービスです。お客さんがキスしてこようとしたら、お店的には女の子は拒否できすが、止むを得ずお客さんとキスをします。

 

19歳の終わり頃から、20歳になって。

3ヶ月間、その店で働きました。

わたしはそれまで、自分のことを「ブスでキモい女」って思ってました。

みんなから、そう言われて、そういう扱いを受けていたから。

 

でも、わたしは、そのキャバクラの仕事を始めて、驚きの連続でした。

 

「君、とても綺麗な子だね。なんでこんな安い店にいるの?」

「こんな安いキャバクラに、君みたいな女の子がいるなんて思わなかった」

 

それまで、キモい女扱いをされていたわたしは、その環境の変化に戸惑いまくりでした。

 

指名も取れた。延長もよく取れました。

 

わたし、いわゆる「スレてない」って女の子だったから、お客さんも、そんなわたしを、よく思ってくれました。

 

職場の人間関係も、平和でした。

待機中、みんなで他愛のないおしゃべりをしていました。

 

そして、はじめての給料日。

マネージャーが、封筒を渡してました。

その封筒の中には、一万円札が15枚も入っていました。

マネージャーはわたしに「これ、多いか?少ないか?」と聞いてきました。わたしは「こんなにいっばいの、一万円札を手にしたのは、初めてです」って、率直に言いました。

 

そのお金で、散々服を買い、CDを買い。

見事に浪費し放題。

 

でも「長くやる仕事ではない」と思っていたので、3ヶ月で辞めました。

 

あの頃、毎日が、すごく楽しかったのを、覚えています。

お客さんに体を触られるのはすぐに慣れたし、お客さんと話していたら、あまりにも楽しい。

 

毎日楽しみながら、あぶく銭を稼いでいました。

 

三十路の今になっても「あの頃は楽しかった」と思います。